7/30なっちディナーショーレポ

一つの夢が叶おうとしたあの夏の日・・・届けたい想いは、すぐそこに・・・

kenkenさんの神の引きによる恩恵を受けて、幸運にもなっちディナーショー初日1公演に参加するコトが出来ました。
参加するに当たってサマージャケット着用等って明記してたもので、その辺は梨華ちゃん方式で一式を揃えましたけどw
と言っても流石にそれを着て行く勇気が無いので、持参して恵比寿駅の駅ビルで着替えましたよ。
ビシッ!!とスーツで決めてきたkenkenさんと合流後、着替えの時間待っててもらい、会場である「ラ・クロシェット」へ!!
なっちに会う前に汗だくになってしまのは流石に嫌なんで、ワンメーターの距離でも迷わずタクシー!w

会場前着くと既に列が出来てましたけど、暑いのもあり開演時間近くまでセブンイレブンで佇む前なちヲタ2人w
列も途切れ始めたので列に並ぶ・・・うん!?流石に暑いのでスーツとかジャケットを着てる人は思ったり少なかったですね。
でも・・・みんなやはりそれなりのお洒落はしてきているようでした。そりゃそうですよね♪
まぁ、中にはジーパンに運TだけっていうDQNも居ましたけど、あの瞬間はさぞ後悔したことでしょう(笑

と入場・・・連番者もチェックがあるかな?と思い一応会員証とか身分証明書は持ってきてましたけど必要なかったです。
まぁ、それは次回以降ってコトでしょうけど・・・その辺りはドンドンっと厳しくして行ってもらいですね。。。
入り口には物販コーナーがあって、購入者にはなっちの生サイン付らしいですけど不思議と欲するものが...w
つーか、緊張しててあまり気に止めてなかったのが正解かもね(^^;
荷物をクロークに預けて、係りの人に席を案内されると・・あら!?ステージから思ったより近い(^^
Eー○,○だったモノで、席なんて最初から気にもしなかったって言うよりも参加出来るだけで幸せなのに
これまた、幸運が続きました・・・(この幸運は娘。の時に取っておきたいけど・・・w)
千奈美に席の配置は、亜依國精神様参照(自分の右横にはなっちとの距離を邪魔する壁があったけど_| ̄|○)

いつもとは明らかに違う雰囲気・ちよっとした服装もあってなんか全然落ち着かないまま、まずはランチタイム♪
最初は、ドリンクのオーダー...無難にアイチュコーヒーを選択(ビールなんて無理ですから!w)
小皿には、(バター付き)フランスパンの切れ端がご用意される・・・。
☆前菜は「季節の冷静パスタ」
春雨風のパスタの上にオレンジ風味のサラダが乗ってる感じと思ってくれれば・・。
ここで、問題発生・・・小さく刻まれたきゅうりが!ピストル氏もカキコしてますけど自分もきゅうりがダメ!!
普段なら、絶対よけて食べますけど・・・記念すべき日ですし用意された料理を残すのも何なんで
食べてみるか?って一瞬思いましたけど・・・ダメなものは駄目!ってことであえなく撃沈>_<
うん!?なっちが作った料理でしたら、きゅうりだろうがなんだろうが笑顔で食べちゃいますけど・・・(^^
☆メインディッシュは「若鶏の小悪魔風」
な、なっ、なんだ、小悪魔風って思ってたけど、要はチキンカツに甘辛した柑橘系のソースがかかってる感じでした。
お味はと言いますと、とにかく美味い!!・・・そして、肉の柔らかさに少し感動しましたww
☆デザートは「クレームダンジュ」withホットコーヒー
濃厚な生クリームの上に苺の出来損ないがポツンと乗ってる感じです。二度と食することは無いかな?
コーヒータイムの後、暫しの休憩・・・ここでレポ用にメモをしたいってコトでクロークからメモ帳を取り出す。
席に戻ってから、数分のウチで照明が落ち・・・バックバンドの登場・・・構成はギター・パーカッション・キーボード編成。。。

ライブ♪(曲に関しては22歳の私と夢ならばは歌うだろうな!ってことしか思わなかったですね。)
後は、ただなっちとの世界感を大切したいとしか・・・思わなかった。
なっちの好きなところは?・・・自分が1番好きななっちは、今も昔もこれからも歌ってる時のなっちが大好きです!

1曲目:「22歳の私」
イントロが流れて、ステージ左側から、なっちが登場してきます。
その入ってくる瞬間のなっちの顔を見てますと、緊張してる中にもどこか幸せ感を感じる笑顔だったんですよ。
ぐはっ!見た瞬間、もぅ~無理!!ステージを直視出来ませんってか熱いモノがいきなり込み上げてきました。
あかん・あかん・大事ななっちステージなのに・・・なっちの想いをしっかりと受け止めてそして感じて
また一つ大切な色褪せない瞬間を心のすくらっぷ・ブックに描かないとって云う思いを
自分の中での想いを奮い立たせて、ステージで歌ってるなっちを全身で感じることにしました。
衣装は、白いノースリーブのドレス姿で、上から白色のガウン?を一枚羽織ってた感じで、
髪はストレートで耳を出して、左髪の上には花ってか雪化粧の形をした?髪飾りを付けてましたね。
なっちが卒業発表してから娘。の時に歌っていた時は、複雑な想いで聞いていた曲・・・。
卒業後、ミュージカル・ライブっと聞く回数が増える度にその世界が好きになって純粋に聞けるようになってきました。
そんな時の流れの中・この日聞いた22歳の私は、自分が聞いた中で一番心に響きましたよ。
なんだろう?自分が感じたって言うよりも、なっちから届けられる想いってやつですか!?
早くこんな想いで、この曲を聞ければ良かったんだけど・・・(^^;

~MC~(亜依國精神様より引用させてもらってます)
「みなさん、こんにちは!安倍なつみです。ちょっと緊張しておりますけど(^^)
今日は私と一緒にスペシャルな時間を過ごしましょう日!それでは続きましてこの曲です」

2曲目:「Good Morning」
会場が明るくなって、なっちの笑顔が客席を包み込みます。
 (●´ー`●)<クラ~ップ! 天使がまた僕等に魔法をかけました。。。
この曲が流れた瞬間・・・何故か?一昨年に行われたさくら組in三木公演を思い出しましたよ。
8人による最後のさくら組のコンサート♪開演に前に流れた曲でしたね・・・。
同じ8人でも実際に歌ってた方じゃなくて、さくら組の方を思い出すのってやはり自分の中で
8人がいた頃のさくら組って、ひょっとすると娘。よりも好きだったなのかも知れない・・・。ってコトを思い出しながら
Good Morning はばたこうよ Good Morning Good Sunshine

3曲目:「トウモロコシと空と風」
ステージで降りて歌う曲もあるよ!って圭織のDSに参加された方から聞いて知ってはいましたけど・・・
おぉ!一体なんなんだ!!この近さはって感覚ですよ。。自分は通路側じやなくてもそう感じるんですから
通路側の人達は、そりゃ~もぅねぇ~幸せ独り占めって感じだったでしょうね・・・(笑
後は、サビの部分での振りマネを一緒にやるとは思わなかったけど、なっちからやってるのであれば・・・無問題ですよ。
しかし、ライブの時と違って、めちゃ恥ずかしいんですけど・・・だってなっちがあまりにも近いんだもんw

~MC~(亜依國精神様より引用させてもらってます)
初めての公演なので、緊張する、ドキドキするを連発。
「みなさん食事をしたのでお腹いっぱいなんですよね。」
「なっちはお腹いっぱいになると体温が上昇して、すぐに眠くなる。」
「みなさんは大丈夫?歌ってる間にガーッとか寝られても困っちゃう(笑)」
「ここのステージに立つのは圭織のゲストに来て以来。1人で演るのは初めてなのでドキドキしてる。」
「FCイベントも近かったけど、ここは「近い+近い」みたいな感じ(笑)」
「だってこんなに近いのよ~!って、なっちが一人で興奮してる(笑)」

最近のドジ話を一つ話してくれました。
圭ちゃんが携帯を変えたらしく、なっちに変更願いのメールが朝方に届く。
なっちと同じ機種になったので、絵文字を使えると思い、なっちも喜んで返信をしようとしたら、
間違えて何人かにメールを送信してしまったらしい。
送ってしまった相手は、裕ちゃん、圭織、やぐ、梨華ちゃん、圭ちゃんの5人。
すぐに間違えた相手から「ドジ!」「アホ!」「なにしてんねん!」と続々と返信メールが届いたらしい。
次にそのメンバーに会う時に何を言われるか怖いって言ってました。

「生演奏で歌うのはファーストコンサート以来、7年ぶり。生演奏はやっぱいい。」その後、メンバー紹介。
「このステキなメンバーと私でディナーショーならではの音楽作りをしてきまして、
CDとかとは違うアレンジで今日は歌っていこうと思います。」

4曲目:「夢ならば」
曲の世界に聞き入ってる自分がいます・・・そんな時ふとっ?1曲目から感じてたあるモノがこの曲で確信に変わりました。
なっち・・・歌ってる時にファン一人一人の顔を見ながら歌ってます。
最初は誤爆だな!とか脳内だな!って思ってました。でも・・・明らかに違うんですよ。
上手く伝えられないけど・・・あの世界観が創り出したミラクルってか、なっちがファンを大事に思うその想いが
全て、あの表情に表れてるんだなぁって言えば良いのかな?ホント!めちゃ照れますがな(*´Д`)

5曲目:「晴れ 雨 のち スキ」
大好きな超大好きな曲・・・いつものライブだと「なっちハイ!]」が入ってしまうのに・・・まったく入らない。
ってかあれだ!「のち スキ~♪」の部分「のーちん 好き~♪」って聞こえてしょうがないんだけど...w

~MC~(亜依國精神様より引用させてもらってます)
「私は小さな時から歌を歌うことが大好きだったんですけど。今もですよ(笑)」
「小さな頃に家で歌ってるビデオが残ってる。」
「学校で習った歌を家に帰って来てから、家族の前で歌ってた。」
「ラジオを聞くのが大好きだった。中学生ぐらいの時。」
「カセットテープに好きな曲を片っ端から録音して、何度も聞いて覚えて歌ってた。」
「大人になってオーディション受けて、その後も色々あった。」
「映画とかね。あー怖い(笑)。芝居とか歌とか色々やらせていただいた。」
「今は23歳ですけども、もうすぐ24歳ですけども(笑)」
「23歳ですけど、年齢に相応しいような、そうでないような、歌を歌っていきたい。」
「私自身、まだまだこれからって感じですけど、こんな情熱的な恋にも憧れていたりします・・・桃色吐息。」

6曲目:「桃色吐息」
なっちもこのような曲を歌える日が来るのかな?ってコトを思いながら聞いてました。
カバー曲でこの曲をもってくるコトを予想したなちヲタがいたらリスペストしまくりですよ。
「あなたに抱かれて凍える花になる」・・・僕で良ければいつでも呼んでくださいなww
ノノ*^ー^)<・・・
(○´ー`○)<・・・いやっ!あのぅ~、そんな状況になればってコトだからね(^^;

~MC~(亜依國精神様より引用させてもらってます)
「今回はじめてカバーしたんですけど、大人な曲ですよね。っていうか、私、大人なんですよね(笑)」
「大人なような子供のような、みたいな感じで日々過ごしてるんですけど(笑)」

7曲目:「・・・ひとりぼっち・・・」
静寂の世界に流れるなっちの歌声...無意識のうちに瞳を閉じて聞き入ってる自分がいました。
普段のライブでもこんな世界が作り出せる日がいつか来ることを願って・・・。
生バンドの良さって云うのも実感した曲でもありましたね・・・。

~MC~(亜依國精神様より引用させてもらってます)
「ここまではちょっと切ない系の曲を歌ってきましたが、ここからは、おぉ~!!っていう」
観客:おぉ~!!
「って、言うかわからないですよ(笑)」
観客:えぇ~!!(笑)
「っていうように言うよ!っていうように感じるよ!(笑)」
「あんな曲だったり、こんな曲だったり(笑)を歌ってみようかなと、思っております。」

8曲目:「だって生きていかなくっちゃ」
ディナーショーのライブで聞けるなんて思ってもみなかったです。2番では歌詞飛ばしちゃったけど
それもなっちらしくて自分自身は好きですね。それが生ってモンだしね。。。
ここまでアレンジが出来るんだって思いとそれを歌いきるなっちの潜在能力にただ脱帽です。
この曲で一部普段のライブと勘違いしてるDQNがCテーブルに居たけど・・・頼む氏んでくれ!つーか吊れ!

~MC~(亜依國精神様より引用させてもらってます)
「ありがとうございます。いいなぁ~(笑)いいですねこの空間(笑)本当最高ですね。」
ここで再度メンバー紹介。色々となっちがメンバーをいじる場面あり。
「テーブルの上にアンケート用紙があるので、全部書いてください。」
「なっち全部読みます。これからこうゆうイベントをやる時に繋げようかなと思ってます。」
「私、安倍なつみは今年で、モーニング娘。の時から数えてデビュー8年目。」
「ソロになって約1年半が経とうとしてます。」
「ASAYANのオーディションに参加して、色々なバトルがあったり(笑)、合宿があったり、
今思い返しても色んなことがあったなぁって」
「そこから「モーニングコーヒー」でデビューして、お芝居とか・・・お芝居って言うと
 「モーニング刑事」が出てきちゃう(笑)・・・ダメだよ見たら!(笑)恥ずかしいですから(笑)」
「色々なことがあったなって思い出します。出会った人とかお別れした人とか色々経験してきたけど
なっちにとってはどれも無駄だと思うことは一つもなくて、大切な宝物です。」
「こういう場で歌が歌えることも凄くうれしくて、本当にみなさんの応援があって、
こうやって歌うことができるんだなと感じてます。本当にいつもありがとうございます。」
「感動してきた(笑)」
「こんな安倍なつみですけど、これからも応援熱くお願いします(笑)」
「それでは次の曲なんですけど、この曲は、私が最初の一歩を歩み始めた曲で、
とても大切なナンバーです。みなさんもよろしかったら歌ってみてください・・・愛の種。」

9曲目:「愛の種」
・・・この瞬間(とき)を上手く表現できる言葉が見つかりません。 
なっち感極まって、途中でうるってする場面が・・・。
そんな時・、一緒になって歌った同士GJ!(そんな俺は涙でまともにステージが見えん...)
よく泣くとか泣いたとかって使ったりするけど・・・このような状況こそがそうなのかな?って感じって言うのかな?

10曲目:「空 lLIFE GOES ON」
良い曲だ!!って、みんなこの曲を知ってる人は言ってました。けど自分・・・そんなに思ってませんでした。
聞き終えた時・激しく自己嫌悪になりましたよ。この曲を聴いて何も感じなかった自分にね。
今からでも大切にしたい一曲です。。。とりあえず_| ̄|○<レンタンカッテキマス

~MC~(亜依國精神様より引用させてもらってます)
「楽しい時間はあっという間に終わってしまいますが、次の曲が最後の曲となるんですけど。」
「最後の曲となりますが、今日来ていただいた方に愛を込めて歌いたいと思います・・・ふるさと。」
・・・これで終わる寂しさよりもなっちとこの幸せな時間を過ごせたコトの方が何故か?嬉しかった!!
同時にこの曲だけでも御子ちゃんに聞かせてやりたかったって強く思った・・・ 

11曲目:「ふるさと」
この曲に対しては今更説明なんて必要ないですよね・・・。
とにかく一人でも多くみんなにこの世界観を体験してほしいって思いましたね。
「ふるさと」の世界感を創り出せるのって、なっち以外は残念ながら皆無なんですから...。

歌い終わったなっちは、そのままステージを降りて楽屋へと歩みだしました。カーテンに仕切られた部屋の前で
振り返り、一礼した後、マイクを外して「ありがとうございました!」って生声で言ってくれました。
なっちのファンになって、生声を聞けるなんて握手会以外では最初だと思います。
いや!そんなコトはどうでもよくて、なっちのファンに対する感謝の気持ちが波のように伝わってきました。
・・・なっちの姿が見えなくても拍手の音は暫く止まりません・・・。

なっちしか創り出せない世界に約80分だったけど一緒に時を過ごせた幸せ♪
この後、アンケートを記入した方からポラ撮影と握手がある訳ですが・・・暫し放心状態。。。
何とか記入して・・・2年ぶりに距離度Oでなっちと会える夢の世界へ!!

一緒のテーブルだった方々は先に行きますって事で簡単な挨拶をしてお別れ。
そんなこんなで自分達も並びますか?ってことで列に並ぶことに。。。
どちらが先に行くかって事でジャンケンをしてkenkenさんが先に行く事が決定。。。
そんなに緊張しないと思ってましたよ・・・あぁ~でも無理でした。今年最強にテンパってるのが分かりますもん。
並んでいる途中で大きな鏡がある訳ですが、ちょっと見てもってかどう見ても普通じゃない_| ̄|○
あっ、この際、服が似合ってる似合ってないっのは、どうでもいい次元だったんですよ。
ただ・・・なっちの前に立った時に恥ずかしくなければね。

また、よくよく考えたらなっちに伝える言葉も考えてなかった(^^;
2年間と云うブランク!!そして、その間の推し変と云う事実が自分の胸に激しく突き刺さるw
kenkenさんを見ると、意外と冷静でしたね。やはりFCイベ参加ってのが大きく影響してるのかな?って感じたけど。

ぐはっ!残り1~2人になるとなっちの声がリアルに聞こえてきます。。。だから、ちょっと・・待て、待て!
まだ・・・こんなにもテンパれるもんだなって逆に自分自身が思っちゃたりしたら楽だったけど・・・
そんな余裕なんて今の自分になんてないからぁ~ってことで呼ばれまして遂に自分の番に。

距離0度って言いますか?なんでこんなにも近くになっちがいるって感じで頭の中真っ白!w
去年常夏の国では12人の娘。を目の前にしながらも緊張したけど余裕で挨拶してポーズまで要求出来たのに・・・。
あっ、あれか!?現実の世界と天使が住む世界は違うってことね・・・。

簡単な挨拶と今日のお礼を述べて係員の指示により黒いテープが貼られた枠の中へ・・・。
ここで、なっち側に寄らない方が良いですよって前もってアドバイスを受けていたので、忠実に守ってたのに
何故か?再度係員から忠告を受けてしまう_| ̄|○<ソンナニキョドッテタノカ?
はいっ!当然ながらポーズなんて要求出来ません・・・撮る時は普通な感じで良いって思ってたのに・・・
マジかぁ~なっちの方から寄ってくる(これはみんな経験した事なんですけど)この瞬間完全KO!

その後の握手なんですが、いつもの握手会にあるテーブルと云うどうしても縮まらない永遠の壁が無い事もあって
200%テンパッたけど・・・あら不思議?伝えたいコトを言えてる自分がいた。。。
人間極限の世界を超えると、新たな力を発揮するもんなんですねw
なっちが「ありがとう」って決して答えられない質問ってか伝えたいコトも言えたし
こんな答えが返ってくるのかな?って予想してた答え以上のモノが返ってきました。(内容は内緒w)

確かに推しとかヲタじゃなくなったけど・・・なっちのコトが大好きで
ずっ~と応援して来て良かったって思えた今回のディナーショー!

世界に一枚しかない写真にはなっちの笑顔が!心のすくらっぷ・ブックにはなっちの全てが描かれたままである。
なっち、ありがとう!! 大好きだよ♪千奈美に写真は晒しませんよ(^^;
[PR]
by pattun1223 | 2005-04-16 07:23


<< 久住小春FC限定握手会レポ♪ 松戸紺♪で感じた想い・・・ >>